kanazawa_dm.jpg

高松のまちのシューレ963で行われる金沢展に参加させていただきます。
岩本歩弓さんセレクトによる金沢のいいもの、
陶磁器、ガラス、うるしの器、その他工芸品、お菓子やお酒などが勢ぞろいです。
お近くの方は是非!

まちのシューレ963
金沢展

2017年11月11日(土)〜11月26日(日) ※11/20定休日
11:00~19:30
まちのシューレ963 ギャラリー

http://www.schule.jp/news/2017/11/001521.html

2017年8月21日

銀座・手仕事直売所

10/1、2、銀座松屋で開催さていれる「銀座・手仕事直売所」の二日市に出展致します。

二日市は、「個性あふれる作り手を2日間ずつの期間限定でご紹介する特別企画」というもの。

カッコー時計シリーズ、職人さんの技術を取り入れた時計シリーズ、

新作の土鍋と器、珈琲ドリッパーやポット、マグカップ

マリンランプやわく、ピクトサイン等

能登デザイン室が、能登島で暮らし、風土と地元の職人さんと向き合いながら

デザインしてきた商品たちです。

是非、この機会に足をお運び下さい!

2017 直売所image jpg.jpeg

銀座・手仕事直売所    

会期=9月27日(水)?10月2日(月) 

会場=松屋銀座8階イベントスクエア(最終日 午後5時閉場)

http://www.matsuya.com/teshigoto/

作家やクラフトマン、職人、デザイナーなどものづくりに一途な人たちがいます。暮らしを見つめ、使う人のことを考え、ふだんの生活のそばで10年後も輝く、普通でいて特別な魅力を追い求める。

こうして生まれた「手仕事」の品々を全国各地から集まった作り手が、お客様に直接説明して販売する「直売所」。9年目を迎えた今回は、新たな作り手を迎え、実演やワークショップ、イートインなども充実です。

金沢市内にあるHATCHi金沢で行われる、「ハッチで乙女の金沢展」にカッコー時計を出展します。

会期も長めなので、是非お立ち寄り下さい!

「ハッチで乙女の金沢展」
2017年9月9日(土)-10月29日(日)
HATCHi金沢
金沢市橋場町3-18
076-256-1100
www.thesharehotels.com/hatchi

20170818_1969700.jpg


陶磁器、ガラス、うるしの器、その他工芸品、
お菓子などなど。約50の作家やお店の品々、
金沢のいいものが期間限定でずらりと揃います。
地元っ子も旅人も、ちらりと道草してください

?

20170818_1969702.jpg

(株)デコスのセルロースファイバー断熱材の施工現場を見学してきました。
セルロースファイバーとは新聞紙をリサイクルして作った断熱材で、柱間に不織布を張り、壁体内に吹き込み施工することで隙間を埋め、断熱欠損がない非常に高性能な断熱材です。

セルロースファイバー断熱材_DSC_5858.jpg

吹き込み機と材料を積んだ専用のトラック、施工代理店制度をとっているので、施工まで専門の技術者が行ってもらえるのは安心。

セルロースファイバー断熱材_DSC_5854.jpg

材料セルロースファイバーが圧縮されたもの。
これを手で崩しながら車内のブロワーに入れると、ホースによって室内まで運ばれて壁へのブローイングが行われるという仕組み。

セルロースファイバー断熱材_DSC_5853.jpg

吹きこぼれるまで充填されたファイバー、よくみると新聞紙の名残が・・

セルロースファイバー断熱材_DSC_5849.jpg

透湿抵抗も少なく、木質繊維なので調湿性があり、結露が発生しにくいということも重要なのですが、
実際に充填された部屋に入ってみて感じたのは、包まれるな静けさの感覚。吸音性があるということを実感しました。
実際にはこの上からボードなどの内装材が貼られてしまうため、音は室内ではある程度反射してこの感覚は減ってしまうそうなのですが、音が外に漏れることは少ないので、ホームシアター等の部屋の壁にも部分的に使われることもあるそうです。

セルロースファイバー断熱材_DDSC_5850.jpg

不織布が膨らむまでしっかり充填された壁。
この後、赤外線サーモカメラで熱画像を取り断熱欠損のチェックまで行うそうです。

アテイエを建てる時に使用を検討していた断熱材ですが、当時は施工業者が近場で見つからず諦めた経緯がありました。
県内でも施工してくれる業者さんが見つかったのでいずれ使用してみたい材料の一つです。


こと?も工芸.jpg

石川県立伝統産業工芸館で行われる夏休み企画、
「KODOMO KOGEI こども工芸修行 弟子求む!第2弾」
に参加します。

内容は、
「時計のデザインをしよう」
師匠:奈良雄一(能登デザイン室)
協力:タカタレムノス
7/23(日)、8/11(金祝)
8/18(金)、8/27(日)
2,000円コース、3,500円コース
1時間ごと 4人
紙で時計の針を作ったり、数字を並べたり、色を塗ったりと、時計のデザインをして、じっさいに動く時計をつくります。(1日6回開催)


他にも毎日いろいろな修行が行われるので是非チェックしてみてください。

「こども工芸修行 弟子求む! 第2弾」
修行詳細
2017年7月21日(金)→8月27日(日)
2Fは8/28(月)まで 8/17(木)休み
石川県立伝統産業工芸館
TEL. 076-262-2020
9:00-17:00(修行受付は16:00まで/最終日は15:00まで)
入館料は小中学生全館0円、おとなは2Fのみ260円



1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11